« こっちはじまた | トップページ | 練習すべきなのか »

2010年7月 8日 (木)

邪悪な箱とはなんだったのか

トルネコ2。
いろいろとやってみたけどラスボスは思ってた以上におそるるにたらずとわかってきた。
と言ってもこれ系のゲームはクリア後が本番みたいなものなのでそこまで強くないのは当然なのかも。

収穫。
混乱へのケアを第一に考えるのは当然として、仲間呼びに対しては新たにいくつかやってみた対策をとれば雑魚に対して無駄に戦わなくてもよかったようだ。
最大の成果は、とある方法で大ダメージをあたえれば仲間呼び対策に必要なアイテムの確保数を減らせる、と確認できたことだろう。
これにより必要なレベル(HP)を大きく減らせるので経験値稼ぎのための時間をも削れる。

これまでの最高タイムは2時間35分くらいとこのブログに書いてたと思うが、実はその後に2度、2時間30分を切っている。
そしてここ数日の調査によってそれよりもさらにタイムを短縮してしまった。
今現在の自己最速が出たときの運が相当よかったのでこれ以上の運を引くのは難しいと思う。
しかし運以外の要素次第でこれ以上のタイムが出(で)そうと感じているのでさらに詰めたいと思う。
不思議のダンジョン以前の通過タイムが遅いのに更新できているということもある。
当面の目標は2時間切りが妥当なところか。

|

« こっちはじまた | トップページ | 練習すべきなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邪悪な箱とはなんだったのか:

« こっちはじまた | トップページ | 練習すべきなのか »