« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

あとすこし

まとめて更新しててもプレイした日、書いた日に開きがあるので注意。
高速モードでどのくらい変わるか比べるため今回は使用した。

まずは先日やったどうくつまじんから。
PS2高速モード。撃破後(マップ移行直後)から計測。
どうくつまじん 0:00:00
ユバール    0:05:02
ダーマ     0:29:40
イノゴン開始  0:53:32

イノゴン戦は負けたあと即やめたので開始時間で。
やはりこんな短時間に差が出るほどは速くはないか。この区間が移動ばかりでダレてたのもあるのかな。

こっちは今日やった分。
PS2、高速モード不使用。イノゴン撃破後から。
イノゴン   0:00:00
マンイーター 0:11:35
決闘開始   0:20:21
ネリス    0:35:07
アントリア  0:40:21

高速モードにし損ねた…
イノゴンの戦術を若干変えてみたけど、ゴールドがないのにさらなる出費はきついか。
決闘はネリス戦でルカニがなかったのがロス程度であとはぼちぼち。アントリアは寝すぎ。

一応これでダーマ復活までの戦略をおおまかに確立できた。はじめからここまでのおおまかな予想時間は5時間50分〜6時間超くらいか。
たぶんもう2回ほどはじめからとおしでやれば気付かないところで縮むはず。それとどっかで全滅するのを考慮してだいたい6時間くらいか。
転職以降はエンディングまで10時間ちょっとでいけるはずなのでトータルで16時間を超えるくらいか。
と思ったけど熟練度稼ぎに50分だから17時間超えるじゃねーか!なんとか17時間切りたい。

| | コメント (0)

更新してなかった分

細々とやっていた分をまとめて、といっても二つ分だけだが、公開。練習段階なのでタイムはまだまだ。
本体はPS2で非高速モード。

まずはフォロッド過去からの分。デスマシーン撃破直後から計測開始。

デスマシーン撃破 0:00:00
グリンフレク開始 0:17:40
どうくつまじん  0:47:45
ユバール     0:55:32
ダーマ      1:20:18

とりあえずここまでで終わってます。
どうくつまじん戦、最後はガボ一人撃破でかなりギリギリかつタイムロス。
しかもその後仲間を復活させなかったところ現代に戻ったところでリレミト、ルーラを使えず大幅ロス!いい教訓になった。

そしてもう一つはオルフィーからの分。石盤装着直後から計測開始。

オルフィー開始  0:00:00
デスアミーゴ撃破 0:17:32
フォロッド    0:31:03
デスマシーン   1:03:39
グリンフレーク  1:21:14
どうくつまじん  1:47:35
ユバール     1:51:35
ダーマ      2:15:58
イノゴン     ーーーー

イノゴン戦で2回全滅したところでリタイア…。ただ1回目の戦闘開始が2:39:47なのでそこそこのタイムといえるか。
アントリアまで行く予定だったが、というか難所といえる決闘6連戦を通しプレーの中でやってみたかったのだが叶わず。
課題はやはりイノゴン戦でここを勝たないと先には進めない。イノゴン戦個別だと結構勝っていたんだけど。やっぱり防御重視でいくべきなのかなぁ。


ちなみに高速モードを使わなかったのはPS使用時とも比較できるようにするため。そんだけ

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

スプリットタイム

先日、ホノルルマラソンの個人成績表みたいなものを眺めていると(僕が走った訳じゃないです)、スプリットタイムという語を目にした。
陸上競技についてはあまり詳しくないので当然初めて見た語句。

調べてみると、どうやらマラソンなどの長距離競走にはスプリットタイム(split time)というものがあるらしい。
スプリットタイムとはスタート地点からの各地点ごとの経過時間を表したもの。
広く知られているものにラップタイム(lap time)がありますが、これとは異なるものだそうです。
ラップタイムとはトラック1周の時間を計ったもので、また一定区間ごとの所要時間を計測した時計も指す。
(詳しくはこちらこちらで)

具体的には、

計測地点|スプリット|ラップ
__開幕|_0:00:00|0:00:00
_八日目|_0:50:00|0:50:00
_千秋楽|_1:20:00|0:30:00

こんな感じでしょうか。
ということはラップタイムと思ってたタイム(これとか)は実はスプリットタイムのようですね。
詳しい話は次回するつもりです。

つーかこのサービスはテーブルタグを認識してくれないのね
そのおかげで現在できることはこんなことくらい

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »